初心者の為の用語集|データロボサイトセブン

初心者の為のデータロボサイトセブン用語集・見方について

この用語って何?データの見かたがわからない・・・のように最初に躓いてしまうことはよくあることです。

 

でも、せっかく始めるなら最初からスムーズに進めたいですよね!そこで、データロボサイトセブンを活用していく前にデータの見かたやデータに関連した用語をしっかりと理解するための用語集をまとめてみました!

 

データを手に入れても、理解出来ていなくては何も意味がないものになってしまいますからね。まずは基本です。データの見かたやデータに関連した用語をしっかりと理解していきましょう。

 

大当たり一覧

これはその店舗全体の総大当たり数が見れるページです。

 

スロットの場合は「BB回数」「RB回数」と表記されていますが、「BB=ビックボーナス」「RB=レギュラーボーナス」となります。

 

パチンコの場合「大当たり=確変、通常大当たり」、「小当たり=2R当たり」と分類されます。

 

パチンコの場合は更に店舗によってですが「大当たり」「中当たり」「小当たり」などと更に細分化されている店舗もあるので注意しましょう。

 

またスロット場合機種によりARTもBBに含まれたりします。店舗全体の出玉感を知る事が出来ます。

 

出玉詳細

総回転数(当日一回もリセットされない回転数)やその台の当日の当たり確立、スロットの場合はBBとRBを合わせた「合成確 立」の確認が出来ます。

 

店舗のデータランプの様に見やすくなっています。

 

出玉推移

各台のその日の出玉の流れが見れます。スランプグラフともいいます。

 

簡単にいうと「その日の玉の出入りが確認出来る」という事です。このグラフで台の好調、不調が一発でわかります。

 

大当たり履歴

これは各台が「どの回転数で大当たり」をしたかを確認出来ます。この履歴表に出てくる「スタート」とは「回転数」の事を指します。

 

スロットでは天井付近やチャンスゲーム数の台を見分ける為には非常に重要なデータです。

 

天井=ハマリ救済機能チャンスゲーム数=大当たり期待度が高いゲーム数

 

デダマックス

最低出玉数から最高出玉数までの差枚数です。その日その台で一番出た瞬間的な枚数になります。

 

例 スロットの場合:台に100枚投資をして大当たりし2000枚獲得出来たらデダマックス表示は2100枚となります。

 

例 パチンコの場合:1000発投資して10000発出たらデダマックス表示は11000発になります。

 

この様になっています。理解して頂けましたでしょうか。

 

また店舗内情報で「爆笑台」と明記されている項目は一番出た台の事になります。

 


 

上記の様にパチンコやスロットには独特の専門用語やデータの見かたがあります。

 

初心者の方も最初は戸惑う部分があるかと思いますが、データロボサイトセブンを見ながら上記の用語、データの見かたを参考にしてもらえれば、すんなりと覚えていく事が出来るでしょう。

 

参考にしてみて下さい。

 


 

≫データロボサイトセブン活用法 詳細

 


 

≫データロボ サイトセブン|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す TOPに戻る