ホール情報の活用方法|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す

ホール情報を有効活用して確実に勝率を上げる方法

ホール情報といえばデータロボサイトセブンの他にパチンコ、パチスロユーザーならおそらく目にしたことがあるP-WORLDがもっとも有名かと思います。

 

ですので、この記事でもP-WORLD の例にしてホール情報の活用方法を解説したいと思います。P-WORLDは全国のパチンコ店をデータベース化したウェブページで情報公開店は全国で10931店舗(2012年10月現在)、遊技台収録数は6901機種にも及びます。

 

P-WORLD(http://www.p-world.co.jp/index.html)のトップページを見て頂いたら分かると思いますが、店名、住所、設置機種名、貸玉・貸メダル額で登録されている全国のパチンコ店から自分のニーズにあった店舗を検索できるという優れものです。

 

例えば、AKBファンでパチンコ初心者の方が、ぱちんこCRAKB48を打ちたいとしましょう。その人はパチンコをする友人から4円パチンコだと1万円がおよそ30〜40分で負けると聞いていて、パチンコをするのは敷居が高いと思い始めて、パチンコデビューするか否か迷っています。

 

そこでP-WORLDを知っていた友人はP-WORLDでCRAKB48を低貸玉で置いてあるホールを見つけ教えてあげました。ホール情報はこのように活用することができます。

 

また、最近設置が少なくなってきて、近隣の大型店ですら一台も置いていない羽根物が久々に打ちたくなった時もホール情報のデータベースでお目当ての台を検索すれば、家に居ながら何の苦労も無くお目当ての台が置いてある店舗を探し当てることができます。

 

機種ごとに設置している台数も記載している店舗も多いので(一部記載していな店舗も有り)、行ったことのない店舗でもある程度の店の規模が分かります。

 

そして、新台入れ替え、新装開店情報が載っています。皆さんご周知の通り、入れ替え初日はパチンコだと釘が甘く、スロットだと高設定が多く使われている傾向があります。

 

但し、店舗によれば新装初日は逆に回収日となっている場合がありますので、店舗の傾向を調べることも有効です。ですが一般的には新台プロ・新装プロ(新台入れ替え、新装開店だけを狙うパチプロ・スロプロ)という言葉もあり、実際にそれを仕事としているプロもいるとおり、平常時に平打ちするよりかは新装初日に狙い撃ちして行くと確実に勝率が上がります。

 

このように皆さんも自分に合ったホール情報を有効活用して、自分のお目当ての台を探して打ちに行ったり、はじめていく店でもある程度の情報を仕入れた上で遊戯に臨むと今までよりよい結果が待っているかもしれないし、遊戯自体がさらに面白くなり、パチンコ・パチスロライフをエンジョイ出来るかもしれませんよ。

 


 

≫データロボ サイトセブン|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す TOPに戻る