OKUMURAとは

パチンコ機種メーカーOKUMURAとは

OKUMURA(正式名称奥村遊戯株式会社)は1957年6月に愛知県名古屋市昭和区に設立された老舗のパチンコ機種メーカーです。

 

2012年12月現在ホールで稼働している主な機種はマックススペックで大量出玉が期待できる「闘牌伝説アカギ2 死闘編」「NINJA GAIDEN 2」、甘デジで初心者の方も楽しみ易い「黄金ハンター?伝説のいちごソード?」などがあります。

 

近年では萌え要素を含んだ「南国麻雀」である程度の長期稼働を飛ばしたことが記憶に新しいです。

 

OKUMURAのパチンコ台の特徴

OKUMURAでは他のメーカーが競って製造しているライトミドルスペック〜マックススペック(大当たり確率1/200-1/400)台も発表する一方で、甘デジスペック(大当たり確率1/100以下)の台も多く発表しています。

 

2012年12月に稼働が始まった「黄金ハンター?伝説のいちごソード?」は大当たり確率が1/99.9と1/49.9の甘デジのみしか発表されておらず、台の仕様も分かりやすいので初心者の方がパチンコを始める時には、OKUMURAの甘デジ台がお勧めできます。

 

一方で「闘牌伝説アカギ2 死闘編」などのマックス台の多くは台の仕様が少し分かり辛い変則スペックを採用している場合がありますので、打ちに行く前に一度台の勉強をしてから遊戯に臨むとさらに楽しむことができます。

 

また、OKUMURA台はマックス〜甘デジに共通してボーダーが等価20回転を超えるような台が多く、ホール側に有利ないわゆる“辛い”台がほとんどですので、遊戯に臨む際はボーダーを把握した上で遊戯しないと、気付いたら大負けしている展開もありますので注意が必要となっています。

 

OKUMURAの演出の特徴

OKUMURAは激アツ柄として虎柄を採用していますので、全台共通で虎柄が遊戯中に出現したら期待度が大幅アップします。

 

また、液晶全面を覆う迫力満点の巨大ギミックが発動すれば激アツの展開は必至ですし、次回予告に保留変化を含めた先読み予告など、ドキドキ出来る場面が非常に多いことが特徴です。反面、予告が多い分、強予告複合からでも信頼度の低いリーチに移行してしまった場合は過度な期待は禁物となります。

 

激アツ・チャンス演出が複数複合しても普通に外れることも多いので、いくら熱そうな展開になったとはいえ、外れるかもしれないと念頭においておいた方が外れた時のショックが少なくて済みます。

 


 

≫OKUMURA パチンコ機種一覧を詳しく見る

 


 

≫データロボ サイトセブン|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す TOPに戻る