悪質な攻略販売の罠

ネットに氾濫するパチンコ・パチスロ攻略法の実態

ネットに氾濫するパチンコ・パチスロ攻略法。「絶対勝てる!」「これであなたも億万長者!」などの文字に目が引かれますが、高額な情報料と引き換えに購入しても全く効果のなく役に立たない情報しか載っていません。

 

昔は体感機などを使った攻略法が確かに存在しましたが現在はメーカーも攻略法対策を取っており、パチンコ・パチスロには攻略法は一切に存在しませんので、そういった類の情報には騙されないようにしましょう。

 

攻略法詐欺事例@実演販売 〜実際に攻略法を実演して信じ込ませる〜

当たり易いように不正に改造された台を打ち、攻略法通りに打てばすぐに大当たりが引けることを、実機を使用して実演する悪質度の高い詐欺方法です。

 

その場では不正改造をした台を打っているため攻略通りに打ってば大当たりをしていてもホールで、実機で打つと、改造されていないためもちろん当たるわけがありません。

 

実際に大当たりしているところを見せられるため騙されやすい方法でありますので、パチンコ・パチスロユーザーの方は常に攻略法は無いと念頭に置いておく必要があります。

 

攻略法詐欺事例A雑誌広告販売 〜雑誌に掲載して信頼度を高める〜

ギャンブル雑誌を中心にパチンコ・パチスロ攻略法を販売しますと書かれた広告がありますが、雑誌に載っているからと言って信頼してはいけません。

 

出版業者は単に広告料の為に掲載しているだけで、広告内容については関知していない場合がほとんどです。雑誌に載っていたから大丈夫ではなく、雑誌に載っても100%嘘であると認識しておくべきです。

 

攻略法詐欺事例B路上販売 〜パチンコ店内・周辺で声を掛ける〜

ホール内やその周辺を徘徊し負けが込んでいそうな客に、攻略法の販売を持ちかけるのが路上販売です。

 

路上販売は情報料が数千円に設定されていることが多く、負けが大きくなっていると藁にすがる気持ちでつい買ってしまいがちですが、間違いなく詐欺です。また、攻略法を試した後にたまたま玉・メダルが出た場合はマージンまで要求される事例もありますので、路上で怪しい販売人に声を掛けられても無視するようにしましょう。

 

攻略法詐欺事例C打ち子詐欺 〜ありもしない打ち子を依頼する〜

この手法はほとんどスロットに限られますが、○○台には高設定が入っているから打ち子として打ってくれと頼まれ、負けた時は何もいらないから勝った時にその見返りとしてマージンを渡してくれと頼まれる詐欺手口です。

 

一般に最初は情報料を要求されず勝った時のみに情報料としてマージンを渡す場合が多いので、負けた時も勝った時も比較的に詐欺に掛かったと分かりにくくなっています。但し、勝った時に相手にお金を譲渡する結果となってしまいますので、打ち子を依頼されても怪しむのが基本です。

 

パチンコ店においてもモラルが厳しくなっているので減ってはいますが、未だに打ち子を使っている店でも、打ち子は店長の知り合いなど信頼のおける人に依頼しますので関係の無い人に声が掛かることはまずありません。

 


 

≫データロボ サイトセブン|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す TOPに戻る