データロボサイトセブン活用法

データロボサイトセブンの実践活用法について

実際にどうやって「データロボサイトセブン」を活用していくのか?これからデータロボサイトセブンを試そうと考えている方にとってとても重要な事だと思います。

 

自身が経験してきたことを元に、具体的な活用方法を初級、上級と分けて説明して行こうと思います。

 

データロボサイトセブンを使った店舗選びに関して(初級)

まず実際に勝負をしに行こうと思っている店舗を何店舗か絞り込みましょう。

 

絞り込みが終ったらデータロボサイトセブンで店舗ごとの【大当たり一覧】のページを開き、その中で「回転数」の項目を注意して見てください。

 

回転数が高い=稼働率が良い

 

稼働率が良いという事は、それだけ「その店舗が盛り上がっている」という期待値に変わります。

 

この期待値が高い店舗が何故いいのか?

 

稼働率が高いという事は「他のユーザーにも支持を受けている店舗」という事になります。

 

出玉が期待出来ない店舗には他のユーザーは集まりませんから、それだけ出玉も期待出来るという事が推測が出来るのです。

 

またスロットの場合等は回転数が高ければ、それだけ正直に台は設定通りの挙動をしようとするので、店舗側もしっかりと設定を使わざるをえない等のユーザー側の勝率があがる傾向も見込めます。

 

機械割を算出して状況を掴む(上級)

専門的な攻略方法としてデータロボサイトセブンの情報を使い、実際のパチンコ店の様な情報を算出し得る事が出来るのです。

 

まず、メモ帳やパソコンでデータ表を作成します。

 

そこでデータロボサイトセブンから気になる店舗の台ごとの「総出玉数」(デダマックス)と「総回転数」を台ごとに分けていきます。

 

機械割の算出の仕方は

 

機械割 =( 払出枚数 ÷ 投入枚数 )× 100

 

ちなみに厳密にはJACゲームは1枚で消化するので、正確に求めたい場合はボーナス中の1枚掛けゲーム数を計算して見ましょう。

 

BIG=JACゲーム30G=BIG1回につき投入枚数-60枚、REG1回につき投入枚数-16枚

 

となります。

 

これで機械割を算出する事が出来ます。

 

実際ホールでは機械割を基に様々の要素を決定しています。(設定配分、釘の調整)

 

機械割を算出する事で、その日やトータル的な台の状況を把握出来るようになります。

 

本来は、パチンコ店でしか見られないデータを自宅で見られるので、狙いの台を前日に決める事も出来て、実際にパチンコ店に行ったら、釘のチェックに集中できるようになるのです。

 

この様にデータロボサイトセブンは専門的な要素も含めデータ収集が可能なサイトで活用方法は無限にあります。

 


 

≫データロボ サイトセブン|パチンコ・パチスロの勝率アップを目指す TOPに戻る